冠婚葬祭の意味について

冠婚葬祭とは、人が生まれてから死ぬまでに、一家で行う行事を主にさしています。
冠婚葬祭は、「冠」「婚」「葬」「祭」という4文字からできており、それぞれに意味があります。
まず、「冠」です。
これは、成人式を指します。
もともと、15歳で元服して冠をもらっていたことが由来とされています。
今日では、親類や縁者の人に贈答などを行うため、出費を意味していることが多いです。
次に、「婚」があります。
文字通り、結婚式を指しています。
これを祝うものには、祝儀や引出物などがあり、多大な出費があるため、これを専門にしている業者などもあります。
そして、「葬」です。
これも、文字通り葬式を指します。
近年は、遺体の納棺を始めとし、葬儀や納骨に至るまで業者が執り行うという形態が発達しています。
人の死は予測しづらいことから、医療機関などと連携している業者も多いようです。
最後は、「祭」です。
一般的に言われている祭りなどではなく、先祖の霊を弔う行事一般をさし、法事やお盆などがあります。
これらは他の3つと比べ、用意がしやすい行事といえます。
冠婚葬祭は、これらの4つの意味でできています。