冠婚葬祭の意味とは。

冠婚葬祭とは、人が生まれてから亡くなり、その後に行われるものまで含めた家族的催し物全般を示す言葉です。
また、4文字の各々の意味は以下の通りです。
冠(かん)成人式を示します。
元服に由来し、冠を頂くの意味を持ちます。
今日の日本では選挙権の獲得という意味がありますが、ともすれば喫煙や飲酒の法的制限がなくなる事くらいにしか認識されていないケースもあります。
婚(こん)結婚式のことです。
祝うものから贈り物や祝い金(祝儀)のほか、披露宴を行う側にとっても祝宴の開催は引き出物など多大な出費もあります。
また、専門化したサービス業者も多いです。
葬(そう)葬式のことです。
遺体の納棺から葬儀・火葬・納骨までを一連のサービス業者が取り扱う業態が発達しています。
突然の葬式に対応し顧客を獲得するために葬儀会社では医院との連携も見られます。
祭(さい)先祖の霊をまつる事全般をさします。
法事やお盆など様々であり、これらは予定行事として扱える部分もあります。
上の三つに比べると準備が行いやすいです。